中国語教室への通学と中国語教材での独学のどちらを活用すべきか Part1

中国語を学ぶにあたり、最初に考えるべきことの一つとして学習法が挙げられます。一番多いのは、中国語教室へ通う学習法と中国語教材で自分なりに勉強を進める学習法と、どちらを活用すべきかという考えです。中国語を学ぶ姿勢によっては、どちらの学習法も活用することができますが、集中力を保ちながら効果的な学習を行っていきたいと考えるなら、まずはどちらかを活用するのが望ましいです。なぜなら、どちらも活用してみたところ両方続けられなくなってしまう可能性も否定できないからです。では、それぞれの学習法にどんな利点があるのかご紹介します。中国語教室への通学では、まさに生の中国語に触れることができます。また、ネイティブ講師がいる場合は、本場の言葉をダイレクトに、耳だけでなく体と心で感じ取ることが可能になります。一方、中国語教材の場合は、自分で好きなときに学習できる利点があります。

フットサル大会 神奈川

映画 専門学校 大阪

痛風 初期症状

静岡 リサイクルショップ

札幌 回転寿司